中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法

Description

臨床家のための運動器研究会  座学セミナー


中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法

【日  時】2018年4月30日(祝・月) 10:00~16:00予定
【講  師】​八木茂典先生
      (東京関節外科センター昭島整形外科)
【会  場】発明会館
       (東京都港区虎ノ門2-9-14)
【参 加 費】 ¥7,000
※理学療法士協会ポイント対象講演会ではございません。
          
ご了承願います。
【申込期間】2018年4月27日(金)まで
【申込方法】「チケットを申し込む」よりお申込み画面にお進みください。

        参加費のお支払い完了で、お申込みの受付が完了します。


◆セミナー内容◆
●変形性膝関節症 
人は加齢とともに生体内に変化が生じます。関節軟骨は変性、菲薄化していきますが、中高年の方が全員痛みを生じているでしょうか。関節軟骨には神経がないので痛みは生じるはずありません。何が痛みを生じているのでしょうか。我々セラピストは関節軟骨を元に戻すことはできません。我々にできることは何でしょうか。
●拘縮肩
患者の皆さんの多くは「痛い」というより「動かせない」ことが主訴です。「人が動く」というのは、能動的に筋を収縮させることで、骨運動を生じさせています。そのとき各組織は運動に対しsmoothに動く必要があります。治療で行われることの多いストレッチングや筋力強化はその方法でいいですか。
●治療方法
ストレッチングは、筋を伸張する目的なら、筋の付着部と走行を熟知し、走行に沿って伸張すべきですが、その方向でいいですか。ストレッチングすると柔らかい部分が伸張され、硬くなっている部分はなかなか伸張されません。時間はどれだけ伸ばすべきでしょうか。
筋力強化は、鍛えたい筋が最短に収縮する方向に行うべきですが、そのエクササイズは適切ですか。収縮様式は等張性収縮が適切でしょうか、負荷量は適切でしょうか。


※お振込みはお申込みから3日以内にお願いします。
3日を過ぎますと自動的にキャンセルとなります。

3日過ぎた場合は再度お申し込み願います。

※キャンセルについて
セミナーの1週間前までです。
それ以降は受講費の返金は行なっておりませんのでご了承ください。
ただしセミナーチケットの譲渡は可能です
(その場合、事前に事務局にご連絡ください)。

・クレジットカードの場合
支払日から50日以上の場合、 500円のキャンセル手数料をひいて返金します。
支払日から50日未満の場合、キャンセル手数料は無料です。
・銀行振込の場合   
500円のキャンセル手数料をひいて返金します。



※台風・大雨・降雪など天災が生じた場合でも、当研究会から日時変更・中止の連絡がない限り、セミナーを開催いたします。

【お問合せ】
臨床家のための運動器研究会 お問合せページよりお願いいたします


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#321072 2018-03-05 02:56:40
More updates
Mon Apr 30, 2018
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法 ¥7,000

On sale until Apr 27, 2018, 11:50:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Apr 26, 2018.

Venue Address
東京都港区虎ノ門2-9-14 Japan
Directions
銀座線虎ノ門駅5分 日比谷線神谷町駅6分 千代田線霞が関駅10分
Organizer
臨床家のための運動器研究会
304 Followers